【CBDのフルスペクトラムってなに?】効果なども分かりやすく説明します!

サムネイル_フルスペクトラム CBDの知識

CBDについて調べていると「フルスペクトラム」という言葉が出てきますが、初めは何なのか全く分かりませんでした。

フルスペクトラムってなに?

 

たくさんの記事や本で勉強したので、今は完璧に理解できました。

1番参考になった記事はコチラ↓(英文です)

What Is Full-Spectrum CBD? [Exploring Advantages and Disadvantages]
If you have been looking for CBD, you may have noticed the term full spectrum. What is full-spectrum CBD? Discover its advantages here.

 

結論から言うと、フルスペクトラムだとCBDの効果を最大限に引き出します

 

ガクエコ
ガクエコ

分かりやすく説明します!

 

スポンサーリンク

まず、フルスペクトラムってなに?

【知っておきたい!】世の中で出回っているCBDは2種類に分けられる

世の中に出回っているCBDは2種類に分けることができます

 

フルスペクトラムヘンプオイルを使用する場合

これが「フルスペクトラムCBD」です。

さまざまなカンナビノイド、フラボノイド、テルペンを含んでいます。
CBDだけでなく、CBG、CBN、CBCなどの約80種類のカンナビノイド成分を含んでいます
さらに、自然由来のテルペンも含んでいます。

 

フルスペクトラムヘンプオイルを抽出するには、超臨界二酸化炭素抽出という方法が用いられています。

超臨界二酸化炭素抽出のやり方を簡単に説明すると、ヘンプから二酸化炭素を用いて高圧で冷却し、フルスペクトラムCBDを抽出しています。

supercritical CO2 extractionイメージ画像

 

フルスペクトラムヘンプオイルを分離させて、CBD成分のみを使用する場合

これは「CBDアイソレート」というものです。パウダーやクリスタルと呼ばれることもあります。

CBD成分のみが抽出されている製品です。

isolateイメージ画像

 

フルスペクトラムCBDと比べるとテルペンなどが含まれていないので、アントラージュ効果が期待できませんが、利点もあります。

THCを含まないという点です。仕事やスポーツの場面で、薬物検査を受けなければならないときに、THCを完全に避けることができます

 

ガクエコ
ガクエコ

ちなみに、MLBは大麻が怪我治療に使えるよ

 

 

 

【知っておきたい!】カンナビノイドってなに?

フルスペクトラムCBDには、カンナビノイドが含まれています

そのカンナビノイドについて簡単に説明したいと思います。

 

カンナビジオール(CBD)

  • CBD製品には必須!
  • 非精神活性カンナビノイドなので、日常使いによく用いられています。

 

カンナビゲロール(CBG)

  • 重要なカンナビノイドの一つ!
  • 他のカンナビノイド(CBDなど)の前駆体です。

 

カンナビビクロメン(CBC)

  • 6つの最も豊富なカンナビノイドの1つ!
  •  基本的に、フルスペクトル製品には少量のCBCしか含まれていません。

 

なぜ、フルスペクトラムCBDが良いの?

【CBDの効果を引き出す!】アントラージュ効果が見込める

フルスペクトラムCBDにはカンナビノイドが含まれているので、アントラージュ効果(相乗効果)があると言われています。

大麻科学者のEthan Russo博士は、「カンナビノイドには相乗効果がある。CBDは、アイソレート(パウダー)を単独で摂取するより、カンナビノイドと一緒に摂取することで相乗効果が働く。」

と発表しています。

 

【自然由来!】テルペンが含まれている!

フルスペクトラムCBDには、さっき説明したカンナビノイドだけでなく、テルペンも含まれています。

テルペンもアントラージュ効果が見込めます。

 

「テルペン」について詳しくわからない方は、こちらの記事をご覧ください。

【CBDのテルペンって重要?】テルペンをおすすめする2つの理由!
CBDの商品でよく目にするテルペンについて分かりやすく説明します!テルペンとは大麻だけでなく、すべての植物に含まれています。テルペン配合だとどのような効果があるのか説明します。最後に、おすすめのCBDのテルペン配合の商品をご紹介します!

 

まとめ

フルスペクトラムCBDを使用すると、アントラージュ効果があるので、CBDの効果を最大限に引き出してくれる!

 

タイトルとURLをコピーしました